読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の中、傘をささずに踊る人間がいてもいい。

体は社会人、心は自由人。三十路間近のネコ好き。日記や日々考えたこと、社会問題、ときどきサッカー。

ブログを一ヶ月連続で更新して得たもの

先日、ブログを一ヶ月連続で更新したことについて、記事を書かせていただきました。

上の記事ではみなさんにお礼を述べさせていただきましたが、この記事では一ヶ月連続で更新したことで得たものについて書きたいと思います。

 

f:id:chappy_taka:20150301213753j:plain

 

1.文章を書くのが苦ではなくなった

 最初の一週間はけっこう苦労していました。更新するだけならまだしも、文章量もちょっとこだわっていた部分があったので。

ネタも思い浮かばないというか、気になることはあっても書くまでのエネルギーには至らなかったというか。

2週間ぐらい経ってからかな、毎日更新するのが苦ではなくなってきました。ネタもいろんなところから拾えるようになったし、それよりも一度書き始めるとけっこうすぐに1000文字ぐらい行くのが、成長したなって実感する瞬間です。

200文字ぐらい書けばあと1000文字まで行くのはあっという間です

長くても2000文字ぐらいしか書かないので、うまくいく日は20分ぐらいで書き上げてしまいます。

 

2.「気づき」のレベルが上がった。

上でもちょっと書いたんですが、気づくことが増えました。前はニュースとかを見ても引っかかるだけ、というか、気にはなるけど自分の考えや感想を文章化するまでには昇華できなかったというか。

 

正確に言えば、「気づく回数が増えた」というより、「気づいたものをアウトプットできるレベルまで昇華できるようになった」ってとこでしょうか。 

ときにはよくある意見しか書けないときもあれば、はてなブックマークをたくさんいただいた記事もあるので、もっとその割合を高くしていきたいと思います。

 

3.他の方のブログをより楽しめるようになった

どんなものでもそうだと思うのですが、供給側に回ることで初めて分かる苦労であったり、工夫であったりというのがあると思います

ブログの場合、その記事の中身もさることながら、長文の記事であったり、もしくはブログ全体の構成などに目が行くようになりました。僕はCSSとか全然詳しくなく、ちょこっと記事の幅をいじったりしたぐらいなので、おしゃれな構成になっているブログは何回見てもすごいなーって思ってしまいます。

長文の記事、というか深い分析をしている記事っていうのも前とは違った見方ができるようになりました。

 

まとめ

ブログを一ヶ月連続で更新するというのも、予約投稿を使えばけっこう簡単に達成できるものです。

ブログを始めようか迷っているみなさんは、一度チャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

今日はこんな感じでーす。でわでわー。