読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の中、傘をささずに踊る人間がいてもいい。

体は社会人、心は自由人。三十路間近のネコ好き。日記や日々考えたこと、社会問題、ときどきサッカー。

【感想・書評】Nのために(湊かなえ):想いが立体交差する切なさと美しさ

湊かなえさんのドラマ化もされた「Nのために」の感想をネタバレなしで書いていきます。

個人的には湊かなえさんの作品の中で一番のおすすめです。

 

 

あらすじ

Nのために (双葉文庫)

Nのために (双葉文庫)

 

内容(「BOOK」データベースより)

超高層マンション「スカイローズガーデン」の一室で、そこに住む野口夫妻の変死体が発見された。現場に居合わせたのは、20代の4人の男女。それぞれの証言は驚くべき真実を明らかにしていく。なぜ夫妻は死んだのか?それぞれが想いを寄せるNとは誰なのか?切なさに満ちた、著者初の純愛ミステリー。

 

まず、第一章は「今回起きた殺人事件に対する事情聴取」というスタイルでそれぞれが事件のことを話していきます。

それぞれの発言に不自然な点はなく、整合性も取れており、事件の概要をきちんと説明しているかのように感じられます。

 

しかし、第二章以降でそれぞれの過去が明らかになると同時に、徐々にこの事件の全容が見えてきます。

第二章以降は今回事件に関与した4人が、それぞれが出会う前も含めて過去を語るとともに、事件当日に起きた真実を明らかにしていきます。

 

想いの立体交差

僕は湊かなえさんの著書の中で、この作品が一番好きです。

登場人物の過去がしっかりと描かれ、救いのない感じも湊さんらしいです。

最終的に誰も助かっていない点がまたいいですね。

 

でも、「少女」のような後味が悪すぎるということでもなく、一見すると助かっていないようだけど、心が救われた人がいるからかもしれません。

 

また、湊かなえさんはすれ違いを書くのが非常に上手なんですが、今回の作品はそれぞれの思いが立体交差するようなもので、本当に鳥肌ものでした。

デビュー作の「告白」と比べると一目瞭然です。

「告白」は「告白」で非常にシンプルなつくりになっていて、それはそれでいいんですが、僕個人としては「Nのために」のほうが圧倒的に好みです。

 

「思いが立体交差する」と書きましたが、「それぞれの嘘」も立体交差していきます。

「誰が何の嘘をついていて、誰とその嘘を共有していて・・・」というのが非常に複雑に、それでいて丁寧に練られています。

 

愛=罪の共有

この作品では「罪を共有すること」がひとつのテーマとなっています。

「愛とは何か」に明確な答えがあるわけではないと思いますが、「罪の共有」というのはひとつの愛の表現として納得させられました。

 

子どものときは恋と愛を同列のように考えていましたが、全然次元が違う話なんだということを大人になるにつれ分かってきました。

そして、大人が軽々しく「恋とは~」とか「愛とは~」っていうのを語らないのは、軽々しく語れるものではないということを薄々気づいているからなんですよね。

子どもはすぐに「愛とはまごころで、恋とは下心よ」とか「愛ってなんだろう」みたいな議論をしたがりますが、家族ができるとなんとなーく分かってくるものです。

もしかしたら「分かっている気」になっているだけかもしれませんが(笑)

 

罪の共有がひとつの愛のかたちだとして、本作品の中での描かれるそれらが「本当に愛と呼べるのか?」というと、それはまたちょっと疑問は残りますが、ネタバレなしの感想なので、このあたりで止めておきます。

 

まとめ

湊かなえさんが書くミステリーの最高傑作だと思います。

彼女の作品で何かひとつだけを推薦するならこの作品を選びます。

ぜひ読んでみてください。

 

以上、本日もあめおど管理人がお送りいたしました。

 

★★★湊さんのおすすめ作品★★★

デビュー作です。イヤミスの原点。

最近文庫化されました!イヤミスではないけど、かなりおすすめ! 

Nのために DVD-BOX

Nのために DVD-BOX