読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の中、傘をささずに踊る人間がいてもいい。

体は社会人、心は自由人。三十路間近のネコ好き。日記や日々考えたこと、社会問題、ときどきサッカー。

ブログを続けるコツは長距離走やヒッチハイクと同じ

札幌の太陽

 

なんだかんだでこのブログを始めて2年ほど経ちました。

自分の感覚では「1年ぐらいかな」って感じだったんですが、見返してみると2年前から始めてたんですね。

途中で7ヶ月ぐらい記事を書いてない時期もありましたが、今でははてなブログproにも登録してしまいました。

 

さて、今日はそんな僕からゆるくでもブログを続ける秘訣のようなものを紹介していきます。

 

 

一年前の目標

僕自身、ちょうど一年前は一年間の目標なども立てて、ブログを毎日でも更新していこうという気概を抱いていました。

でも、年度が変わるぐらいから徐々に僕の飽き性な部分が出てきて、一方で他のブログを読むと「アクセス数アップには過去記事のリライトが有効!」みたいなことが書いてあって、「どの記事をどうやってリライトしようか」と考えながらも、リライトって超面倒で、じゃあ新しい記事でも書こうかなって思いながら、気が向いたらたまーに書くという一年間でした。

 

長く続ける秘訣は休憩を悪と思わないこと

僕のブログの運営の仕方が「続けている」と言えるのかどうかは微妙なところですが、
なんとなく一ヶ月に1回ぐらいは更新することを心がけています。

それも「心がけている」というほどでもなく、

なんとなく「そろそろ何か書こうかな」という感情が湧き出てくる

という感じです。

 

ブログを始めた頃とか、もしくは「毎日更新するぞ!」と意気込んでいる頃は記事を書かないことで自分を責めてしまうんですよね。

 

だいたい1週間とか10日とかの更新はがんばれば誰でもできるんですが、1ヶ月も連続で更新すると心にも体にも疲労が蓄積されてきます。

ブログは典型的なアウトプットな作業なんで、インプットをしていかないとネタも尽きてきちゃいますし、毎日パソコンの前に座らないといけないっていうのも疲れてきます。

 

そんなとき、「無理に続ける」か「ブログを止めるか」という2つの選択肢しか用意しないと、自分の目標と疲労困憊の心の板挟みとなってしまいます。

少し背伸びして毎日更新するというのは、自分の能力の向上にもつながりますし、悪いことばかりではないんですが、それが大きなプレッシャーとなっているのであれば、いったん休憩して、また再開するのが一番です。

 

ブログ=長距離走とは

「無理のないスピードで少しずつ更新していく」という観点から考えると、ブログは長距離走に例えることができます。

長距離走を走るとき、僕たちは筋肉を最大限に使ってダッシュをしたりはしません。

ゆっくりしたスピードで無理のない速度で走り、ときには歩いてしまったとしても、歩き続ける必要があります。

ブログもそれと同じで、毎日更新するのではなくせいぜい1ヶ月に5回ぐらいの更新を目標にすると心も楽になってかつ何年も続けることができるようになると思います。

 

ブログ=ヒッチハイクとは

「調子のいいときはいっぱい書けるけど、調子の悪いときは筆が進まない」という観点から考えると、ブログはヒッチハイクに例えることができます。

運の良いときは良い車に出会うことができて長い距離が稼げたりしますが、運が悪いとなかなか車が止まらないなんてこともあるでしょう。

そこは自分の努力などに左右されるものではなく、時の運で決まるものです。

ブログの場合は自分自身の力で書いていくわけですが、そのときの精神状態やインプットできる情報量、ひらめきなどは運も左右してくるものです。

 

まとめ

やっぱり僕のような雑記ブログを始めるならなんとか一年は続けてほしいと思いますし、そのためには無理な目標は立てずに、「書きたいときに書きたいことを書きたいように書く」というのが重要になってくるんではないでしょうか。

 

一年の初めに目標を立てる人も多いと思いますが、一年間、走り抜けられるスピードを見つけてください。

 

以上、本日もあめおど管理人がお送りいたしました。