読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の中、傘をささずに踊る人間がいてもいい。

体は社会人、心は自由人。三十路間近のネコ好き。日記や日々考えたこと、社会問題、ときどきサッカー。

読者数100人を超えた件についてお礼とかあいさつとか

このブログについて

青空と海

 

1年かけてこのブログの読者数がようやく100人を超えました!

今日はそのお礼やこれまでのことを書きたいと思います。

 

 

始めたのは1年前

このブログは本当にちょうど1年ぐらい前に始めて、4か月ぐらいはけっこう毎日に近い勢いで更新していたんですが、5月に入ってからは一度も更新せず、12月にまた再開した、という感じです。

 

なので、ブログ開始当初に読者登録してくださった方からはすでに忘れ去られたブログになっていたかもしれません。

 

そもそもなぜ一度止めたのか

自分でも辞めるつもりまではなかったので、いったん更新を休んで、またその気になったら更新しようと思っていました。

 

なぜ更新を止めたんだろうというのを思い出すと、「なかなかアクセスが増えない」っていうのがやっぱり一番の理由だったのかな、と。

ブログってSEOの強さ的にも、書き始めてすぐに結果が出るわけじゃなく、作成した記事自体もgoogleから評価されるのは書いた翌月からとかですし、なんとなく目に見えた成果が現れなくて止めちゃったんですよね。

 

ただ、更新を止めてからアクセスが減ったかというとそこまででもなく、止めてしばらくしてから検索流入が増えてきたんです。

 

ブログへの想い

高校3年生までずっと理系で生きてきた僕なんですが、大学入試時に突然の文系転向を果たしました。

もともと英語は好きだったんですが、受験のときの理系科目の才能のなさに打ちひしがれ、それをきっかけに文系社会へと身を投じることとなりました。

 

大学時代は英語について学びつつ、サークルに力を入れつつ、徐々に文章を書くことへの喜びを見出していきました。

一時期は小説を書きたいとも思っていましたが、これまでに読んだ小説もそう多いわけではなく、なんとなく特に行動も起こせず終わっています。

 

そんななかで出会ったのがブログでした。

ブログは小説とは違い、書く分量も自由なら、何を書くかも自由です。

ニュースについて思うことを書いてもいいですし、役立つアプリの紹介もしていいです。

やっぱりその自由さに魅かれたっていうのが大きかったですね。

 

また、もともとは誰かに何かを教える仕事に就きたいと思っていましたが、今はブログを通して誰かに何かを伝えられたらと思っています。

それが実際に役立つようなライフハックでもいいですし、もしくは荒んだ心を癒すものでもいいです。

 

こんな僕がどんなものを世界に提供できるかはわかりませんが、何かできるんじゃないかと漠然と考え、今日もブログを書いています。

 

読者のみなさんへ

記事の割合としては検索流入を狙うものが4割、時事ネタ4割、なんでもないようなことが幸せだったと思える記事2割にしていきたいとは思っていますが、書きたいことを書いているのでどうなっていくか分かりません。

風の吹くまま、流されるまま書いていきます。

 

みなさんの役に立つ記事、琴線に触れる記事、「うんうんそうだよねー、分かるぅ」って言いたくなる記事も書いていけたらいいなと思っています。

僕も読者登録をしている方々の記事をすべて読んでいるわけではなく、タイトルだけ見てスルーしてしまうこともあるので、このブログも気が向いたら5回に1回ぐらいクリックしてくれると嬉しいです。

 

アクセス数が少なくて悩んでいるみなさんへ

このブログの平均アクセスは今のところ1日200~300となっています。

たまーにアクセスが集まって500とか600とか行くこともありますが、そんなのは1日ぐらいで終わっちゃいます。

 

「全然アクセスが集まらないんです」、「3ケタすら夢のようなんです」っていう人もいるかもしれませんが、アクセスアップについて書いている記事をいくつか読んで、ブログを2、3ヶ月続ければ自然と僕ぐらいのアクセスは集められるようになります。

 

googleの評価方法から考えて、どうしても時間が必要なんですよね。

1日より1週間。

1週間より1ヶ月。

1ヶ月より1年のほうが強いです。

どうかあきらめないで、続けていってください。

 

まとめ

また今後とも当ブログの発展を見守っていただけたらと思います♪

 

以上、本日もあめおど管理人がお送りいたしました。

 

理系バカと文系バカ (PHP新書)

理系バカと文系バカ (PHP新書)